失敗しないためにも決済代行会社を比較しよう!

決済代行会社を比較しよう

決済代行会社を比較する前提に

我々は、普段何気なく買い物をしたり、オンラインショッピングをしています。 その中で、現金支払いではない方法で購入している商品も非常に多いはずです。 カードや電子マネー支払いを一括にまとめたり、複雑化した現代の買い物をより便利にするために決済代行会社は存在します。

メリットとデメリット

決済代行会社を比較するにあたって、まずは決済代行サービスのメリットとデメリットの双方を理解する必要があります。 自分が求めているサービスや保証を十分に吟味するためには、特徴をつかむ必要があります。 利点と欠点をしっかりと理解して、適切な会社を探しましょう。

決済代行とはなにか

現代のテクノロジーの急激な発展に伴い、人々はあらゆるタイプの「財布」を獲得し、それを利用しています。
クレジットカードをはじめとして、スイカやパスモなどの電子マネー、スマホを利用した支払い、近年では仮想通貨での決済も可能となりつつあり、もはや支払い方法は現金だけではありません。
つまり、多様化してきている支払い方法に対応することは、経営者にとっても消費者にとっても非常に重要なことです。
殊に、個人経営の店舗では、その多元的な支払い方法に対応することが、売り上げ向上の一因になることも少なくありません。

しかしながら、その支払いシステムを各クレジットカード会社や各電子マネーなどに一つ一つ契約をし、デバイスを設けていたら、費用もかさみ、無駄な時間がかかってしまいます。
また、決済日がそれぞれの形態で異なるため、収支の計算に遅れが出てしまいます。

そこで、決済代行サービスの出番があります。
決済代行サービスは、決済日を統一し、複数の支払い形態を一括で引き受けてくれます。
この便利なサービスは、日本の主要な会社でも数多く存在しており、そのサービス内容、料金形態、オプション機能や対応している支払い方法は各会社によって大きく異なります。

それ故に、どの決済代行会社を選択するかが問題です。
自分に合った適切な会社を選ぶことが必要です。

今回は、その選択に後悔しないためにも、決済代行サービスの仕組みから比較方法まで、網羅的に説明をしています。

基準を設定しよう

一言で、「決済代行会社」と表現しても、世の中にはそのような会社はたくさんあり、多様なサービスを提供しています。 それゆえに、どの決済代行会社を選んでよいかわからなくなってしまうことも多々あります。 自分に見合った会社を選択するにはどうすればよいかをまとめました。

TOPへ戻る