決済代行会社を比較しよう

決済代行会社を比較する前提に

決済代行の基本

消費者も事業主も多様化する支払方法に対応を迫られています。
そもそも決済代行サービスとは、どのようなものなのでしょうか。

決済代行サービスは、多様な決済サービスと複数の決済に対応を迫られる店舗との間を結びつけ、決済を統一するものです。
つまり、複雑化する決済を一つにまとめたり、売り上げの計算を代行するサービスを行ったりしています。

顧客のニーズに合わせて、複数の決済を取り入れるときや、複数の締日の事なる支払いを統一出来るなどの利点があります。
また、ネットショッピングなど実際の現金を取引しないプラットフォーム上においても活躍します。
ネットで買い物をする消費者は、を個人で契約すると決済システムの運用の手間や決済システムの開発費用を大幅に削ることが出来ます。

決済代行の仕組み

では、決済代行サービスの仕組みはどのようになっているのでしょうか。
今回は、消費者がクレジットカードを用いて商品を購入した例を参考に、販売した店舗までのお金の流れを時系列に従ってまとめます。

決済代行サービスを使用した場合、お店とカード会社の間に決済代行サービスが入り、支払いや契約を代わりに行います。
決済代行サービスが入ることで締日や決済日の事なるカード会社の支払いもまとめて管理ができます。

まず、購入者がクレジットカードを使用するとクレジットカード会社にお金が支払われます。
次にそのクレジットカード会社から契約店舗に支払いが行われます。
その後、その契約会社から決済代行サービス会社に支払いが行われます。
最後に、決済代行サービスから購入した店舗に支払いが行われます。

上記の流れが基本的な決済代行サービスです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る