決済代行会社を比較しよう

メリットとデメリット

サービスのメリット

決済代行会社には、それぞれ強みと弱みがあります。
日本に数多く存在する決済代行会社を比較するにあたって、メリットは把握する必要性があります。

決済代行の最大のメリットは、多様化する支払方法を一本化できる点です。
日本には、クレジット決済をはじめ、電子マネー、銀行振り込み、スマホ決済や近年では仮想通貨までも支払い方法に組み込まれています。
また、外貨での支払いを好む人もいます。
それゆえに、各々の支払いを個人契約をしていたら、決済日や振り込み時期がそれぞれで異なり、労力となります。
また、手数料もそれぞれでかかってしまうため、売り上げが下がってしまうということにもなりかねません。
決済代行は、費用と時間の両方においてアドバンテージを得られます。

デメリットは何か

決済代行サービスを利用するにあたっての留意点は、どのようなものが挙げられるでしょうか。
まず最初に挙げられるのが、手数料です。
本来は、店舗各々が対応しなければならない複数の決済方法を決済代行サービスが代行し、利便性を大幅に向上させているため、相応の手数料が発生します。
手数料は、概ね契約店舗が支払います。
具体的な部分は各会社によって大きく異なりますが、基本的には初期手数料・運営手数料・各決済事の手数料の三つに分かれています。

次にあげられるデメリットは、経営状態を他人に管理されるということです。
決済を「代行」するため、収入の決済を自分の営々とは関係の無いある意味での他人に任せることになります。
それは、セキュリティーの問題や信用の問題にもかかわってくるともいえます。

重要な部分を委託するからには信頼できる代行会社を慎重に選ぶ事が必要になるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る